Meow Apps

WP Retina 2x

Navigation Close

WP Retina 2xは、Retinaディスプレイや解像度の高いディスプレイ用の画像を自動的に作成し、Webに掲載するプラグインです。このため、どんなデバイスでもWebサイトの画像がくっきりと鮮やかに表示されるようになります。操作はすベてWordPressのダッシュボードから行うことができ、とても簡単です。

WP Retina 2xはレスポンシブイメージをサポートしていませんが、WordPressはバージョン4.4からレスポンシブイメージのサポートが追加されました。そのため、Retinaディスプレイ用の画像をsrc-setに追加し、WordPressの振る舞いを制御するオプションも提供しています。(また、追加された冗長な新しいイメージサイズも削除します)

Retina for WordPress

有料版では、Retinaディスプレイ用に作成した画像を遅延ロード(lazy-loading)したり、フルサイズ用の画像を作成したりなどもできます。

クイックスタート

チュートリアルFAQ公式サポートフォーラムも参考にしてください。

ショーケース

私は元々自分用にWP Retina 2xを作成しました。もちろん、2つのメインWebサイトで使用しています。WP Retina 2xが何をして、WebサイトがRetinaディスプレイでどのように表示されるのか見てみたいですか?ぜひご覧ください:

WP EngineSiteGroundの両方をお勧めします。どちらも本当に素晴らしいWordPressホスティングサービスであり、迅速・誠実なサポートを提供しています。もし少し高いということであれば、HostGatorをお勧めします。最高のパフォーマンスではありませんが安価で驚くほど素晴らしいサポートを提供しています。

WP Retina 2x の設計図

WordPressに画像をアップロードすると、WordPressがレスポンシブイメージを作成します。WP Retina 2xは、それらを元に更に解像度の高い画像を作成します。また作成された画像が不要な場合は、削除することも可能です。

フルサイズ用のものを作成するには、オリジナルのものより大きなサイズの画像を用意してください。無料版でマニュアルで、有料版では自動でできます。
そして、 WP Retina 2xが作成したイメージファイルは全て、ダッシュボードで管理できます。

下図のチャートフローは英語となりますが、よろしければご参照ください。

retina-what-it-does

画像の最適化について

WP Retina 2xは、画像ファイルを最適化にするものではありません。画像の最適解について、ご興味がある場合は、こちらImage Optimization for WordPress をご覧ください。

返金ポリシー

もしこのWebサイトやプラグイン自体について建設的なフィードバックがある場合、よろこんで割引価格を提供しますのでご連絡ください。またプラグインがあなたに実際に合わない場合でも心配しないでください、返金をうけられます。