WP/LR Sync:WordPressとLightRoomの同期プラグイン

WP/LR Syncは、WordPress用のLightroom[公開サービス]です。Lightroomの写真や、フォルダーやコレクションの設定をWordPressに同期するプラグインです。画像処理や、メタデータの編集、ウォーターマークの挿入といったさまざまな画像編集にも、またフォルダーやコレクションを変更した場合にも対応しています。このため、WordPerssのサイトは、Lightroomに常に同期するようになります。

こんな方々にお勧めです

  • 写真の画像処理をしたり、解像度を上げたりされる方
  • メタデーターを編集される方
  • ウォーターマークの変更や処理をされる方
  • WordPressの写真の解像度を変えたい方
  • LightroomからWordPressのフォルダーやコレクションを管理されたい方
  • 他にもいろんなことが出来ます;)

写真家や、記事に写真を多用するブロガーの方々には、特にお勧めです:)

WP/LR Syncの使い方:基本編

WP/LR Syncには、プラグインが二つあります。WordPressのレポジトリで使用するものとLightroom用のものです。この二つのプラグインは連携し両者間で全てのデータが同期されます。インストール方法また使用方法については、 こちら(WP/LR Sync)をご参照ください。インストール後、ご自身のWordPressのメディアライブラリは、LightroomにダウンロードしたWP/LR Sync Publish Serviceと同期され、下図のようになります。

同期後は、コレクションによって写真を選別できます。メディアライブラリに表示されるフィルター(下図左側)から、特定のコレクション名を選択し、Filterをクリックします。下図の例は、Dreamland: The End.を選択したものです。(注:右側のリストの表示に変更はありません。)

WP/LR Syncにはさまざな機能があります。ただ、WordPressとLightroomの同期で必要なものは、上記で十分な場合は、下記の部分(どちらかというとディヴェロッパーや、Lightroomのヘビーユーザー向けとなるためです)は不要と思われます。こちらの基本編の説明書the tutorialをご参照ください。

応用編:ギャラリーとも同期

WP/LR SyncはWordPressのギャラリーとも連携できます。WordPressの[ギャラリー]のショートコードに、LightroomのデータをWotdPressへ連携するパラメーターを追加し、コレクションやフォルダーを指定します。パラメーターは、 wplr-collections=’…’ または wplr-keywords=’…’となります。メディアライブラリ上でのコレクションやフォルダーのIDは、本プラグインインストール後に、ギャラリーの追加されるショートコードでも確認できます (下図の青色部分をご参照ください)。こうしたパラメータを活用することで、Lightroomのカスタムオーダーを、WordPressのコレクションやフォルダーにいつでも同期させることができます。
なお、WordPressの他の機能やプラグインなどへ影響することはありませんので、ご安心ください。

ギャラリーを見やすくしたいと思われている方は、こちらMeow Gallery もご参考ください。

拡張機能(エクステンション)

WordPressのプラグインやテーマの種類は多様です。当然ですが、それらはWordPressに予め設定されているものではないため、使用方法も異なりますし、時には別のプラグインやテーマへ切り換えることが簡単にできない場合があります。例えば、Photo Galleryから NextGENへの切り替えは簡単ではありません。

WP/LR Syncは、操作が簡単な上、プラグインやテーマを切り替えた場合でも、特定のプラグインと一緒にデータが喪失するリスクはありません。それ自身がデータベースとして独立しているためです。ご自身のLightroomのデータは、いつでもWP/LR Syncで保有されているため、新たに使用するプラグインやテーマへWP/LR Syncのデータを反映させるだけですむのです。

本説明はデベロッパーや、WordPressに精髄した方用のものですが、より詳細について確認をされたい場合は、こちらWP/LR Sync Extensions をご参照ください。

API

iPhoneやAndroidのディペロッパーの方は、WP/LR Sync APIを使いアプリケーションを作成することもできます。現在は、iPhone用のアプリケーションが一つあり、iTunes Storeで購入できます(無料版はありません。またMeow Apps.が開発したものではありません)。

画像の最適化

WP/LR Syncは、写真画像を最適化するものではありませんが、LightroomとWordPressを媒介するものなので、Lightroomで写真画像を最適化すると、WordPressのものも最適化されます。Lightroomの画像の最適化については、こちらJPEGminiがお勧めです。WordPressの画像の最適化については、こちらImage Optimization for WordPressをご参照ください。

Lightroomヘビーユーザーの方々へ

WP/LR Syncには、Lightroomオタク(もちろんJordy Meow自身もその一人です:))が喜ぶ機能がたくさんあります。Lightroomのライブラリからプラグインエクストラを選択すると、Total SynchronizationSwitch Photosのモジュールがあります。

Total Synchronizationは、WordPressにアップロードした写真とLightroomにある写真をつなぐ(同期する)ものです。何故、アップロードが完了した写真にLihgtroomでの変更を反映できるのでしょうか?それは、画像認識とメタデータの照合を行なうシステムがあるからです。このシステムの解説については、こちら(英語となります) をご覧ください。

Switch Photosは、WordPressで公開している写真(フォトA)を、公開していない別の写真(フォトB)に置き換える時に便利な機能です。LightroomでフォトAとフォトBを選択すると、両者が入れ替わります。

WP/LR Syncのユーザーの方々や、WP/LR Sync使用後の感想について、ご興味がある場合は、下記をリンクをご参照ください。WP/LR Syncの機能についても、分かりやすく記載されています(翻訳時点では、英語のみとなります)。